楽譜作成 採譜 譜面制作 耳コピ サービス | あなたの音楽活動を全力でサポートいたします!

レコードやカセットテープをパソコンやCDに取り込む方法


CDが普及してから30年あまり、
その間に幾度となくレコードのよさがとり立たされたことがありました。

その歴史をみれば
MDが登場したとき、iPodで音楽を聴くようになったとき、
スマートフォンで音楽を聴くようになったとき、
など新しいデバイスでデジタル化した音楽を聴くスタイルが普及する際に
クローズアップされてきたような気がします。

それはデジタル処理された音にはない、
いわゆるアナログレコードの
“あたたかさ”や“ぬくもり”が評価されてのことです。

ただ一方で、
大切なレコードが劣化して聴けなくなってしまった
当時のノスタルジックな雰囲気はいいけれどやっぱりノイズは除去したい
大好きな曲だから持ち歩いて聴きたい
というジレンマも同時に抱えこみます。

では、
レコードをデジタル化したい、
レコードをCDにしたい、
というときどのような方法があるかといえば、
下記のような機器が販売されています。


USB付き レコードプレーヤー

いわゆるレコードプレイヤーにUSBポートが付いているもので、
パソコンと接続することでレコードの音をパソコンに録音できる機械です。

今回紹介している機器の中では最も安価です。

USB付き レコードプレーヤーの詳細を見る


マルチレコードプレーヤー

VERSOS マルチレコードプレイヤー VS-M001

VERSOS マルチレコードプレイヤー
VS-M001の詳細を見る


イーバランス マルチレコードプレーヤー X-STYLE EB-XS5000

これらはパソコンに接続することなく、
レコードやカセットテープ、FMラジオ、CDなどを
直接CDやUSBメモリ、SDカードにデジタル録音できる機器です。

パソコンを持ってないけれど、
レコードやカセットをデジタル化したい場合はこちらが便利ですね。

イーバランス マルチレコードプレーヤー
X-STYLE EB-XS5000の詳細を見る

USB付きマルチレコードプレーヤー

TEAC LP-R550USB-B

ご存知TEACの製品で、
マルチレコードプレイヤーにUSBが付き、
機器単体でもパソコンに接続しても使えます。
ただしCD⇒CDへの録音には対応していません。

アナログ音源のデジタル化は単体で使用し、
ノイズ除去や凝った編集がしたいときはパソコンに接続する、
というTPOによって使い分けることができますね。

TEAC LP-R550USB-Bの詳細を見る


お支払方法







お支払い方法と手順の詳細はこちらです

・2017.10.19
現在、たくさんのご依頼をいただいているため、納期の目安として約2週間~1ヶ月ほどのお時間をいただいております。

・2017.10.1
楽譜作成・採譜 割引キャンペーン!

・2017.8.27
お客様の声を追加いたしました

できあがりの楽譜サンプルはこちらからご確認いただけます。

楽譜作成メルマガ

ピアノコード表・五線譜無料ダウンロード

↑ PAGE TOP