楽譜作成 採譜 譜面制作 耳コピ サービス | あなたの音楽活動を全力でサポートいたします!

オーボエについて


オーボエはダブルリード楽器で、
葦で作られた2枚のリードを口にくわえて演奏します。

ファゴットもダブルリード楽器ですが、
バロック時代に弦楽合奏の補強として、
最初にオーケストラに加えられた管楽器が、
オーボエとファゴットなのです。

オーケストラが、なぜオーボエの鳴らすラの音(A3)を
基準とするのでしょうか?

その理由は二つあって、
ひとつは、温度変化によるピッチの変化が少なく、
安定した長い音を出せるから。

もうひとつは、オーボエがピッチを柔軟に変えられない楽器なので、
ほかの楽器がオーボエを合わさざるを得ないことが理由です。

ほとんどの管楽器がチューニングのために微妙に管の長さを変えられますが、
オーボエやイングリッシュ・ホルンは長さを変えることができません。

リードの長さでしかチューニングを変えられないため、
オーボエ奏者はあらかじめ長さの違うリードを用意しているのです。

オーボエの調性と音域

オーボエの音域と調性 調性:in C
実音域:B♭2~G5





イングリッシュ・ホルンについて

イングリッシュ・ホルンは、オーボエよりも
完全五度低いF管の移調楽器で、
オーボエと同じ運指で完全五度低い音が鳴り、
別名「アルト・オーボエ」ともいいます。

通常、オーボエ奏者が持ち替えて演奏するので、
あらかじめイングリッシュ・ホルン用に完全五度高い楽譜を用意しておけば、
オーボエと同じ運指で演奏することができます。

イングリッシュ・ホルン(アルト・オーボエ)の調性と音域

イングリッシュ・ホルン(アルト・オーボエ)の音域と調性 調性:in F
実音域:E2~C5
記譜:B2~G5


楽譜を作成するにあたっては、実音よりも完全五度高く記譜します。


オーボエ、イングリッシュ・ホルンの楽譜作成

オーボエの採譜、イングリッシュ・ホルンの楽譜作成もお任せください。

オーボエの旋律の採譜、イングリッシュ・ホルン用のin Fの移調譜の作成も可能です。
無料お見積もりは下記のボタンからお願いいたします。

お支払方法







お支払い方法と手順の詳細はこちらです

・2017.12.16
現在、たくさんのご依頼をいただいているため、納期の目安として約2週間~1ヶ月ほどのお時間をいただいております。

・2017.12.1
楽譜作成・採譜 割引キャンペーン!

・2017.8.27
お客様の声を追加いたしました

できあがりの楽譜サンプルはこちらからご確認いただけます。

楽譜作成メルマガ

ピアノコード表・五線譜無料ダウンロード

↑ PAGE TOP