楽譜作成 採譜 譜面制作 耳コピ サービス | あなたの音楽活動を全力でサポートいたします!

トランペットについて


トランペットは金管楽器の中で、
中高音域を担うB♭管の楽器です。(C管もあります)

ピストン式、もしくはロータリー式のバルブで、
管の長さを変えることによって音の高低を表現します。

ロータリー式は、バルブ内部が90度回転して管の長さを変化させるので、
ピストン式よりもなめらかに音が切り替わり、
音と音とのつながりがやわらかく聞こえるのが特徴です。

また、ロータリー式は管そのものがピストン式よりも太いため、
サウンドも太く温もりのある音になります。

ロータリー式は、ドイツやオーストリアで一般的に使用され、
クラシック曲によって使いわけられます。

したがって、ドイツ・オーストリアの作曲家の楽曲を演奏する際には、
ピストン式では音が明るくなりすぎるため、
ロータリー式に持ち替えて演奏することもあります。

出音としては、第1ピストンで全音、
第2ピストンで半音、第3ピストンで全音+半音の長さを伸ばすことができます。

また、ふつうのトランペットよりも管長が半分しかない
ピッコロトランペットは、通常のトランペットでは難しい高音域を演奏することが可能です。

それ以外にも、
形状がトロンボーンに似ているスライド・トランペットというものもあります。

また、トランペットによく似たフリューゲル・ホルンは、
トランペットと同じ指使いで演奏ができますが、
トランペットよりもやわらかい音色が特徴です。

トランペットの調性と音域

トランペットの音域と調性 調性:in B♭
実音域:E2~C5
記譜:F#2~D5




トランペットの楽譜作成

トランペットや金管楽器全般の譜面制作、
ホーンセクション、オーケストラの楽譜も作成いたします。

そのほか、ボーカルメロディーをトランペット用にinBbに移調した楽譜など、
ご希望にあった譜面もお作りいたします。
無料お見積もりは下記のボタンからご依頼ください。

↑ PAGE TOP