楽譜作成 採譜 譜面制作 耳コピ サービス | あなたの音楽活動を全力でサポートいたします!

テクニック編


強弱をつけるコツ

フォルテッシモがうるさいだけになっていませんか?

ピアニッシッモが弱すぎてタッチがあいまいになっていませんか?

強弱をつけて弾くといっても、なかなか難しいものです。

音の強弱は指のちからではなく、打鍵するときの指の速度によるものです。指を鍵盤におろす速度が速ければ強い音がでるし、ゆっくりとおろせば弱い音になります。

音の強弱やタッチで、その人の個性が表現され、曲に豊かな表情をくわえるものです。

強いタッチの出しかた

フォルテッシモでも、決してちからずくで叩きつけてはいけません!打鍵の速度を速くするためには、手のフォームをしっかり保つ必要があります。

そして、強く打鍵した後はすぐに脱力することです。脱力のタイミングは、一音ごと、フレーズの終わりなど、状況に応じて判断します。

また、コンサートホールなど広い会場で弾くと、ぜんぜん強く感じられない場合は音が響いていない証拠です。ただ強く弾くだけでは音が響いてこないので注意してください。

弱いタッチの出し方

弱くても芯のある音を出すには、やはり手のフォームをしっかりとキープしなくてはなりません。逆にフォルテよりも指を繊細にコントロールしないと、美しいピアニッシモの響きは得られません。



ピアノ上達コラム メニューに戻る

楽譜作成.com トップに戻る

↑ PAGE TOP