楽譜作成 採譜 譜面制作 耳コピ サービス | あなたの音楽活動を全力でサポートいたします!

移調楽器の記譜方法


管楽器には管の調性に基づいた演奏しやすい調性があって、

例えば、リコーダーのC管の運指をマスターしていれば、
同じ運指でF管リコーダーも演奏できます。

ただし、同じ運指でも、
F管リコーダーでは、C管の完全五度下の音が鳴ってしまうわけです。

つまり、
C管ソプラノ・リコーダーのハ長調(C調)
ドレミファソラシの運指で、
F管アルト・リコーダーを演奏すると、
ヘ長調(F調)の音階が鳴るということです。

このF管アルト・リコーダーのような楽器を移調楽器といい、
移調楽器は移調譜を用いて記譜します。

移調楽器では管の調性の基音を「ド」とするので、
F管アルト・リコーダーでは、楽譜上に記譜されたドを演奏しようとすると、
「ファ」が鳴ります。

したがって、F管アルト・リコーダーで「ド」(C3)の音を出したければ、
楽譜上では完全五度上の「ソ」(G3)の音を記譜する必要があるわけです。

記譜する際に何度上げるのか、下げるのか、
移調楽器ごとに記譜の仕方が決まっています。

この場合、楽譜上に記譜された音のことを記譜音、
実際に鳴る音のことを実音といい、
移調楽器は、記譜音と実音が異なるということなのです。

移調楽器なのに、移調譜をつかわない楽器もある

移調楽器の演奏者が慣れている運指で演奏できるように楽譜を書くことは、
いうなれば、外国人に母国語で話しかけてあげるということに似ています。
外国人の母国語で話すことができれば、話がスムーズに進みます。

しかし、B♭管トロンボーンやB♭管チューバなどは
移調楽器であるにもかかわらず、実音で記譜します。

チューバにはさまざまなボディ形状があり、
そのためいろいろな管が存在するので、
演奏者が自由に楽器を選べるように実音で記譜するのです。

このように移調楽器であっても、実音で記譜する理由は、
プレイヤーが曲にあった楽器を自由に選べるようにするためです。

移高楽器とは?

移調楽器の中でも、例えば、ピッコロやコントラバスなど
オクターブ高く、あるいは低く記譜する楽器を移高楽器といいます。

弦楽四重奏を考えたとき、
バスを担当するチェロがあり、より低音を重厚に聴かせるために、
その1オクターブ下をコントラバスが重ねたり、

管楽四重奏をイメージすると、
ソプラノ担当のフルートの1オクターブ上を
よりメロディーが際立つようにピッコロが重ねたりするのを想像するとわかりやすいかもしれません。

ということは、チェロの楽譜をコントラバスでそのまま演奏すると、
チェロの1オクターブ下のラインとなり、

フルートの楽譜をピッコロで演奏すると、
フルートの1オクターブ上のラインを奏でられるということです。

主な移調楽器の種類


ここで主な金管・木管楽器の調性とみてみましょう。

主な金管楽器 調性
トランペット B♭、C、D、E♭、F、G
ホルン B♭、E♭
トロンボーン B♭、F
ユーフォニアム B♭
チューバ B♭、C、E♭、F

主な木管楽器 調性
フルート C
オーボエ C
ピッコロ C
クラリネット B♭、E♭、A
ソプラノサックス B♭
アルトサックス E♭
テナーサックス B♭
バリトンサックス E♭
ファゴット C

楽譜作成.comでは、移調楽器を採譜する場合、
追加料金はいただかずに移調譜として譜面を作成いたします。

もちろんご希望であれば、実音にて記譜します。

また、
「ボーカルメロディーをアルトサックスで吹きたい」
「メロディー譜はあるから、テナーサックス用にB♭移調譜にしてほしい」などのご要望も承ります。

お支払方法







お支払い方法と手順の詳細はこちらです

・2017.10.19
現在、たくさんのご依頼をいただいているため、納期の目安として約2週間~1ヶ月ほどのお時間をいただいております。

・2017.10.1
楽譜作成・採譜 割引キャンペーン!

・2017.8.27
お客様の声を追加いたしました

できあがりの楽譜サンプルはこちらからご確認いただけます。

楽譜作成メルマガ

ピアノコード表・五線譜無料ダウンロード

↑ PAGE TOP