楽譜作成 採譜 譜面制作 耳コピ サービス | あなたの音楽活動を全力でサポートいたします!

「猫ふんじゃった」の秘密いろいろ

秘密といっても、「猫ふんじゃった」には隠された暗号があった
などという話ではございません(笑)。

えー、まず「猫ふんじゃった」という題名ですが、
フランスでは「カツレツ」と呼ばれています。

カツレツを食べるときのナイフとフォークの動きを想像してみると・・・

なんとなく演奏するときの手に似ているような!?

実はこの曲、フランスだけでなくいろいろな国で
いろいろな曲名で呼ばれているんです。

ドイツやベルギーでは「ノミのワルツ」

デンマークでは「王女の足」

スペインでは「チョコレート」です。

ちなみに、日本では今でこそ「猫ふんじゃった」ですが、
終戦直後の子供たちは「猫死んじゃった」と歌っていたとか。

それを聞いたレコードディレクターがあんまりだということで、
「ふんじゃった」に変えてレコード化したそうです。

このように世界中で知られているこの曲は、
ロシアの音楽家アントン・ルービンシュタインが
作曲したという説がもっとも有力なようです。

日本語の歌詞を書いたのは、童謡「さっちゃん」も作詞した阪田寛夫です。

また、「猫ふんじゃった」を元に、音の動きを逆にして作られた
「踏まれた猫の逆襲」という曲もあります。


コジビアの泉 メニューへ戻る

トップページへ戻る

↑ PAGE TOP