楽譜作成 採譜 譜面制作 耳コピ サービス | あなたの音楽活動を全力でサポートいたします!

人間は音の高さをどう知覚しているのか?

私たち、楽譜作成のプロは
音源から聴こえる音を楽譜にしるしていきます。

確かに一般の人では持ち得ない“絶対音感”という
特殊な能力によって採譜を行っているわけですが、
そもそも人間は、どのようなメカニズムで音の高低を判断しているのでしょうか?

例えば、メロディーは、音の高さの変化の流れによって、
初めてメロディーとして認識されます。

いきなりズバリ言いますが、

「音の高さ」というのは、
客観的なものではなく、主観的なものです。

なぜなら、音とは物理的には単なる空気の振動にすぎませんし、
音波という刺激に対して音の高さを感じる必然性はなく、
色や匂い、皮膚感覚的なものを感じたとしても不思議ではないはずなのです。

実際、人間が明確な音の高さを感じとれるのには限界があり、
それはだいたい、20Hz~5000Hzまでの範囲と言われています。

ただし、ハッキリとした音の高さでなければ、
20000Hzくらいまでなら感じ取ることができます。

また、複合音の場合ですと、そのすべての部分音の周波数に対応する高さが
聞こえるのではなく、主に基本周波数に対応する高さが聴こえます。

この周波数の分析は、耳の奥にある蝸牛ですでに行われています。

その処理の結果、私たちは周波数の低い音については「低い」と、
周波数の高い音に対しては「高い」と感じているのです。

このような聴覚の音の高低を知覚する感覚のことを
「ピッチ感覚」といいます。

もうひとつの知覚

さて、実は音の高低の判断のすべてが
このピッチ感覚で説明できるわけではない、
というのも事実です。

私たちはオクターブの音を同じ音、
もしくは類似した音として感じます。

完全5度の音は、協和する音として感じます。

実は、このような感覚はピッチ感覚とは異なる知覚であり、
音調性感覚と呼ばれています。

これは、オクターブや完全5度など、
類似性を感知する感覚で、周波数の比を知覚する感覚なのです。

つまり、音の高低という情報は、
ピッチ感覚と音調性感覚という
二つの異なる次元で処理されて、把握されるということになります。


コジビアの泉 メニューへ戻る

トップページへ戻る

お支払方法







お支払い方法と手順の詳細はこちらです

・2017.10.19
現在、たくさんのご依頼をいただいているため、納期の目安として約2週間~1ヶ月ほどのお時間をいただいております。

・2017.10.1
楽譜作成・採譜 割引キャンペーン!

・2017.8.27
お客様の声を追加いたしました

できあがりの楽譜サンプルはこちらからご確認いただけます。

楽譜作成メルマガ

ピアノコード表・五線譜無料ダウンロード

↑ PAGE TOP