あなたのための音楽用語辞典

音楽用語集

タ行

ドミナント・セブンス・コード

更新日:

キー(調)にかかわるスケール(音階)の5度上に構成される四和音のことで、属七和音と呼ばれ、ときにはドミナット・コードと略される(Ⅴ7)。このコードは、スケールの第5音をルート(根音)としたメジャー・トライアド(長三和音)の上に短7度音を加えた形で、やや不安定な響きを特徴とする。その不安定さは、長3度音と短7度音との問にできるトライトーン(三全音)によるものであるが、このトライトーンの解決がドミナント終止を構成するなど、ドミナント7thコードが主要和音のひとつとして調性の確立のために果たす役割は非常に大きなものといえる。なお、ドミナント7thコードの名称は、本来あるキーでのⅤ7を意味するものだが、一般にはⅤ7と同じ構成のコード全般の名称として使われている。たとえばメジャー・スケールの2、3、4、6、7度上に構成される各セカンダリー・ドミナット・コード(Ⅱ7、Ⅲ7、Ⅳ7、Ⅵ7、Ⅶ7)も単にドミナント7thコードと呼ばれることがあり、Ⅴ7に限定して使うときには特定のキーが指定される。

-タ行

Copyright© 音楽用語集 , 2018 All Rights Reserved.