楽譜作成 採譜 譜面制作 耳コピ サービス | あなたの音楽活動を全力でサポートいたします!

トロンボーンについて


トロンボーン(テナートロンボーン)は、
中低音域を担うB♭管の楽器です。

しかし、このトロンボーン、
B♭管なのですが移調楽器としての分類ではなく、
実音で記譜するのが基本です。

トロンボーンは、管をスライドさせることで管の長さを調節し、
音高を変化させることができる楽器です。

前に突き出たU字のかたちの管を“スライド”と呼びますが、
このスライドが一番短い状態から、
もっとも長い状態まで7段階の調節ができます。

スライドの特徴として、なめらかに音高を変化させることができ、
この奏法をグリッサンドといいます。

B♭管トロンボーンに、F管のアタッチメントを装着したものが、
テナーバス・トロンボーンです。

F管アタッチメントのバルブを左手親指で押さえると、
6ポジション分、管が長くなります。

要するに、手を伸ばしきらないと出せなかった音が、
1ポジや2ポジで演奏できるようになるわけです。

そのため素早く動かすことができ、
右手の操作もラクになるというわけです。

さらに、テナーバス・トロンボーンに、
E♭管やD管などのアタッチメントを付けたものを、
バス・トロンボーンといい、テナーバス・トロンボーンよりも、
太く低い音を出すことができます。

トロンボーンが3~4人の編成だとしたら、
通常一人はバス・トロンボーンとなります。

トロンボーンの調性と音域

トロンボーンの音域と調性 テナートロンボーン
調性:in B♭
実音域:E1~C4

テナーバス・トロンボーン
調性:in B♭
実音域:B♭0~C4

バス・トロンボーン
調性:in B♭
実音域:E0~C4



トロンボーンの採譜

トロンボーンやホーンセクション全般の楽譜作成、
金管楽器の採譜、オーケストラの譜面も制作いたします。

そのほか、歌の旋律をトロンボーンで吹きたい、など
ご希望にあった譜面もお作りいたします。
無料お見積もりは下記のボタンから、お気軽にご依頼ください。

↑ PAGE TOP