楽譜作成 採譜 譜面制作 耳コピ サービス | あなたの音楽活動を全力でサポートいたします!

混声合唱のパートと音域


例えば、「混声四部合唱」といった場合、
男性2パート、女性2パートからなります。

この4つのパートは低い方から、
男性のバス、テノール、
女性のアルト、ソプラノ
といい声域によって区分されます。

一応、各パートごとに大まかな音域が定められていますが、
絶対的なものではなく、あくまで目安です。

混声合唱の音域

各パートは1オクターブ以上離れないように配置すると、
全体のハーモニーとしてうまく響かせることができるでしょう。

オーケストラ楽器の記譜

譜表 楽器
高音部譜表 フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、
トランペット、ヴァイオリン
アルト譜表 ヴィオラ
テナー譜表 ファゴット、トロンボーン、チェロ
低音部譜表 ファゴット、コントラファゴット、トロンボーン、
チューバ、チェロ、コントラバス

各楽器の人数にバラツキがあるのは、
低音は波長が長いため、遠くまで響きますが、
高音は周波数が短く障害物で簡単に遮断されてしまうため、
遠くまで届かず、響かせることができません。

したがって、高音楽器の人数は多く、
低音楽器の人数は少なくすることで、
音量のバランスが取れるわけです。


合唱の楽譜作成もお任せください

混声合唱の各パート譜の採譜、
合唱用のピアノ伴奏アレンジなどもわたしたちにお任せください。

ソプラノ、アルト、テノール、バスなど、
各パートのコーラスラインのアレンジも承ります。

ただし、仮に4パート+ピアノ譜の楽譜作成となりますと、
ページ数も多くなり、制作にかなりの手間と時間を要します。

なお、小節単位、時間単位など採譜対象箇所を限定したご依頼も可能ですので、
必要なところだけをアレンジすることで、トータルの料金をお安くすることもできます。

詳細は下記のお見積もりフォームから
お気軽にお問い合わせください。

↑ PAGE TOP