楽譜作成 採譜 譜面制作 耳コピ サービス | あなたの音楽活動を全力でサポートいたします!

これまでの常識が通用しない、初音ミクムーブメントをつくった世代


DTMが個人にも普及してきた頃、
いかにヒューマニックな打ち込みをできるかに時間を費やしたものです。

なぜなら、音楽は人間による演奏がスタンダードなもので、
その揺らぎやズレが“グルーブ”となり、
ある種の心地よさや熱気、はたまた、やすらぎなどをそこに感じてきたので、
機械的で無機質なビートには、“違和感”を感じるからでした。

しかし、そんな「音楽的常識」にはとらわれない世代が、
2010年頃から初音ミクブームをつくってきました。

機械的なビートは、80年代のテクノブームの頃からあるのですが、
それはあくまで、バックの演奏だったり、
インストゥルメンタルミュージックに限られてきました。

しかし、ついにメインとなるボーカルが
コンピューターに取って代わったのが初音ミクです。

このボーカル・アンドロイド(ボーカロイド)が、
人間が歌う曲よりも人気を博すなんて誰が想像したでしょうか。

初音ミクムーブメントの中心は、
10代~20代前半の世代です。

いわゆる、小さい頃から、
打ち込み系音楽を普通に聴いてきた世代。

つまり、ずっと平坦でベロシティーが同じ、
抑揚のない音楽にまったく違和感を感じない
(むしろそれがスタンダードな)新しい世代なのです。

その跳ね返りなのか、初音ミク曲は、
変拍子やリズムが複雑なプログレチックな楽曲が多いようです。

昔はヒット曲の方程式として、
カラオケで歌いやすいように、
「覚えやすくて泣けるメロディーと歌詞を!」
などと言われていましたが、

初音ミク曲は、
「難しいメロディーに言葉数が多く難解な歌詞ゆえ、カラオケで歌いたい!」
というニーズに変化しているのです。

そして、流通(ビジネス)モデルとしても、
ネットインフラの整備が進んだことによって、

従来の芸能事務所、レコード会社、ディストリビューターという、
これまでの流通モデルが激変し、

“個人”が発信の主軸となったことも大きいですよね。

これまでの音楽的常識や、
ヒット曲を生み出す方程式、
既存のビジネスモデルの転覆

・・・など、音楽の激変期の最中にいる私たち。
これからの音楽変遷史はどうなっていくのでしょうか?

お支払方法







お支払い方法と手順の詳細はこちらです

・2017.10.19
現在、たくさんのご依頼をいただいているため、納期の目安として約2週間~1ヶ月ほどのお時間をいただいております。

・2017.10.1
楽譜作成・採譜 割引キャンペーン!

・2017.8.27
お客様の声を追加いたしました

できあがりの楽譜サンプルはこちらからご確認いただけます。

楽譜作成メルマガ

ピアノコード表・五線譜無料ダウンロード

↑ PAGE TOP