あなたのための音楽用語辞典

音楽用語集

「タ行」 一覧

タイム・ストレッチ

2017/12/02   -タ行

サンプラーのエディット機能のひとつで、ウェーブ・データの指定した範囲を任意の時間に拡大の縮小する機能のこと。時間があらかじめ制限されている場合によく使用され、再生時間は変化するがピッチは変化しないのが ...

タイム・コンプレッション

2017/12/01   -タ行

録音された音のピッチを変えずに演奏時間(曲のテンポ)だけを縮少する機能。伸ばす場合は、タイム・エキスパンションと呼ぶ。アナログ録音では不可能だが、シーケンサーやデジタル・レコーダーで実現された。逆にテ ...

大譜表

2017/11/30   -タ行

高音部(卜音)譜表と低音部(へ音)譜表を結んだもの。ハープや鍵盤楽器など、音域の広い楽器のために使われる。

対位法

2017/11/28   -タ行

メロディ(旋律)に対する新たなメロディの創作という考えに基づく作・編曲技法を指す。和声法が和音の積み重ねや連結といった垂直的な要素を対象とするのに対して、メロディ・ラインの流動性という水平的要素を対象 ...

ダイアトニック・ハーモニー

2017/11/27   -タ行

全音階和声といわれ、ダイアトニック・スケ-ル上にできる7つのダイアトニック・コードおよび各コード相互の連結を指す。さらに、そのコードの構成や性格分析などの理論を意味することもある。

ダイアグラム

2017/11/26   -タ行

本来、ダイアグラムは図とか図表を意味する言葉で、ギターやバンジョーなどの楽器で、コードの押さえ方やスケ-ル音の位置をわかりやすく図で示したものをいう。ギターのダイアグラムにはフィンガーボードをそのまま ...

タイ

2017/11/25   -タ行

楽譜上で、ふたつの同じ高さの音の上か下につけられる孤線。タイのつけられたふたつの音は、切れ目なく連続したひとつの音として演奏される。タイは同じ小節の中で使われるほか、縦線をまたいで異なる小節の音に及ぶ ...

Copyright© 音楽用語集 , 2018 AllRights Reserved.