あなたのための音楽用語辞典

音楽用語集

「ラ行」 一覧

ラック・マウント

2019/01/22  

機器のパネル・サイズを規格化し、横幅を統一してひとつの枠に納めること。通常使用されているEIA規格では、パネルの幅を19インチ(約48センチ)とし、縦は1.75インチ(約44ミリ)を1Uという単位とし ...

ラジアル・ホーン

2019/01/21  

角型ホーンの上下の曲線で、左右を直線で構成した形状のホーン。PAスピーカーの高域用ホーンとして代表的なものだったが、最近は定指向性ホーンに置き換えられている。

ラグタイム

2019/01/20  

ミズーリ地方の黒人ピアニストにより、19世紀末に考案された演奏スタイル。左手のベース・ラインとシンコペートしたメロディに特徴がある。1910年代ごろまで大流行し、のちのポップス、ジャズに影響を与えた。 ...

ラ―ガ

2019/01/19  

インドの古典音楽を構成する旋律。ラ―ガは音階(7音、6音、5音)、上行形と下行形、装飾法、主音と副主音、出発音と終止音、時刻と季節、ラサと呼ばれる情感などいろいろな要素からなり、その種類は無数にある。 ...

ラウンド・バック

2019/01/14  

弦楽器のボデイを構成する裏板で、丸みを帯びた形状のもの。

ラウドネス

2019/01/13  

音の感覚的な大きさを表す言葉。一定のレベルで放射される純音の周波数を変化させると、人間の耳では1~4kHzくらいの音がもつともよく聴こえる。逆に一定の音量に聴こえるように音圧レベルを変えたとき、周波数 ...

ライン・ミキサー

2019/01/12  

ライン・レベルの信号のミキシングを行なうミキサーのこと。マイクなどの小さなレベルの信号は扱えない。

ライン録り

2019/01/11  

電気・電子楽器の音をマイクで収音するのではなく、楽器信号を一度も音にせずに電気信号の形で収音すること。録音、PAのどちらでも使われる。たとえばベースでは、楽器アンプの前にマイクを立てて収音する方法(マ ...

ライン・イン

2019/01/10  

機材でライン・レベルの信号を受ける入力。ただし、ミキサーのライン入力のような場合、必ずしもライン・レベルにだけ対応するのではなく、マイクなどの小信号用より大きな信号を受ける入力、入力端子を指す

ライン・アウト

2019/01/09  

機材の主出力以外の、ライン・レペルの出力、および出力端子。

Copyright© 音楽用語集 , 2019 All Rights Reserved.