あなたのための音楽用語辞典

音楽用語集

サ行

スケール

更新日:

高さの順に並べられたオクターブ以内の階段状の音列を指し、音階といわれる。一般的な長・短調の場合、スケールを基盤としてメロディやハーモニーが形作られ、調性(トーナリティ)が確立される。このほか、調性とは直接関りあわないスケールも考えられるが、その場合にもメロディやハーモニーの基盤としてスケールが存在することに変わりはない。スケールを構成する各音をスケール・ノート(音階音)といい、スケール・ノートの数はスケールの種類によって異なる5音から12音までが一般的なものであるが、このうち主流となるのは7音構成のものである。

-サ行

Copyright© 音楽用語集 , 2017 AllRights Reserved.