あなたのための音楽用語辞典

音楽用語集

「 gakufuの記事 」 一覧

和声法

2019/06/23  

対位法が旋律対旋律という考え方に基づく作・編曲技法であるのに対して、和声法は和音の連結について解明した作・編曲技法のこと。調性における各和音の機能という考え方が理論的根拠となっており、ジャズ、ポピュラ ...

ワークステーション

2019/06/22  

複数の機器を統合した環境を指して使われる言葉。シンセサイザーの場合であれば、キーボード、音源、エフェクター、シーケンサーを含むオール・イン・ワン・タイプのことを指す。

ワウ・ワウ

2019/06/21  

主にギターに使われるエフェクター。特性を鋭くしたバンド・パス・フィルターのピークとなる周波数を変化させることで、ピーク付近にある高調波を強調して音色を変化させる。周波数を変化させるには、フット・ペダル ...

ワウ・フラッター

2019/06/20  

アナログ・レコード用ターン・テーブルやテープ・レコーダーの回転(走行)ムラのこと。ワウは比較的周期の長いムラ、フラッターは周期の短いムラを意味し、その総計を規定の回転速度(あるいはテープ走行速度)との ...

ワイアレス・システム

2019/06/19  

ワイアレス・マイクなどを使ったPA用無線設備の総称。ワイアレス・マイクやワイアレス・トランスミッター、受信アンテナ、レシーバーなどで構成される。

ワイアレス

2019/06/18  

従来シールド線などで信号を伝送していた箇所を、電波などで信号を飛ばし無線化すること、およびその装置。ステージなどで使われるワイアレスは電波を使ったものだが、家庭用や教育用では赤外線を利用した装置もある ...

ロンド

2019/06/17  

①輪舞曲。輪舞およびその歌。丸い輪になって踊りながら歌うのが特徴。 ②ひとつの主題が別の複数の主題と交互に登場するという特徴をもった楽曲形式。

ロンダーリャ

2019/06/16  

スペイン民謡の代表的なアンサンブル。マンドリン形で複弦6コースの弦楽器バンドゥーリアと、その低音版であるラウド、タバリン、アコーディオン、バイオリンなどによって構成され、舞曲「ホタ(jota)」などの ...

ロング・パス・エコー

2019/06/15  

長い距離を伝わって到達する反射音のこと。ホールなどの大きな建物の中や、競技場などの屋外施設で発生しやすい。遅れ時間が長いので直接音とはっきり分離して聴こえ、山びこのように直接音につきまとうためスピーチ ...

ロール

2019/06/14  

ドラムの基礎的な奏法のひとつで、シンクルーストロークやダブル・ストロークのスピードを速くすることにより、音をつなげることを指す。長いロールはロング・ロールと呼び、短いものはショート・ロールと呼ぶ。この ...

Copyright© 音楽用語集 , 2019 All Rights Reserved.