あなたのための音楽用語辞典

音楽用語集

「 gakufuの記事 」 一覧

レア・グルーヴ

2019/04/18  

1970年代のファンクの隠れた名曲のこと。 80年代以降、ラップのブレイク・ビーツとして使われたり、クラブDJたちにプレイされたりするなかで、このような曲が再ブームとなり、そこからレア・グルーヴなるコ ...

ルンバ

2019/04/17  

キューバのダンス音楽。黒人たちの合唱と打楽器演奏によって構成され、ルンバ・コロンビア、ルンバ・ヤンブー、ルンバ・ワワンコなどの種類がある。なお、ルンバをrhumbaと綴ることもあり、さらにルンバという ...

ルーム・アコースティック

2019/04/16  

室内の音響特性のこと。壁面や天井の反射・吸収、その部屋のサイズや形状によって異なる。定在波の程度、周波数特性、残響特性などが問題になる。

ループ

2019/04/15  

(1)コンピューター関連の用語として使われる場合は、プログラムのなかで、流れが「輪」のようになっている部分をいう。指定された条件下で意図的に繰り返し実行される場合以外に、誤った命令により同じところが無 ...

ルバート

2019/04/14  

自由なテンポで、という意味。テンポ・ルパード(tempo rubato)とも表示される。この表示のある箇所では、画一的なテンポの枠からはずれ、のびのびと自由に感情表現をすることができる。

ルート・モーション

2019/04/13  

和音の連結の際のルート(根音)どうしの進行を指す。代表的なルート・モーションは完全5度下行(または完全4度上行)する進行で強進行といわれる。進行の強さの順にルート・モーションを例示してみると次のように ...

ルート

2019/04/12  

根音といわれ、コード(和音)の基礎となる音を指す。すべてのコードはルートを土台として組み立てられ、コード・ネームにも大文字で示される。なお、ルートを最低音に配置したコードの形は、もっとも基本的なものと ...

ルーディメンツ

2019/04/11  

スネア・ドラムをマスターする上で、非常に大切な基礎奏法のこと。一般にもっとも広く知られているルーディメンツは「スタンダード26アメリカン、ルーディメンツ」という26の基礎奏法のこと。これは、1933年 ...

ルシアー

2019/04/10  

弦楽器の製作者。もともとは「リュート職人(リュテイエ)」の意。ビルダー、クラフトマンなどと同義だが、よりアコースティックな楽器製作者に多く使われる。

臨時記号

2019/04/09  

楽曲の途中で特定の音の高さを一時的に半音上、または下に変化させる記号を指す。調号以外につけられるシャープ(#)やフラット(♭)のほか、一時的にこれらを無効にするナチュラルがこれに含まれ、音符の左側に記 ...

Copyright© 音楽用語集 , 2019 All Rights Reserved.