あなたのための音楽用語辞典

音楽用語集

「 gakufuの記事 」 一覧

マッチング・トランス

2018/09/24  

主にインピーダンス・マッチングを行なうために使うトランス。出力インピーダンスが低く、出力レベルも小さいMCカートリッジをプリアンプにつなぐときや、真空管式のパワー・アンプの出力段などに使われる。

マッチング

2018/09/23  

ふたつの回路/機材をつなぐとき、双方の入出力インピーダンスや信号レベルを同一に合わせること。インピーダンス・マッチング、レベル・マッチングなどと使う。日本語では整合という。マッチングは、行なわなければ ...

マーチ

2018/09/22  

行進曲のこと。起源は軍楽隊の演奏にあり、スネア・ドラムを中心とした2拍子または4拍子の反復リズムが特徴的である。形式は「主部→トリオ→主部」と進む総合3部形式、またはそれを拡大した「主部→トリオ→主部 ...

マスタリング

2018/09/21  

アナログ・レコードの場合はカッティングと同義語。cDの場合は2トラック・マスター・テープ(アナログまたはデジタル)から、cDカッティング用マスター・テープ(デジタル)を作る作業をいう。cDカッティング ...

マスター・リズム・シート

2018/09/20  

主としてリズム・セクション(ときには少数の管楽器を含む編成)の演奏に使用され、フレイヤ一に限らず、ディレクター、ミキサーその他のスタッフ全員が同時に読むことのできる、特殊な形態の楽譜を指す。通常2~3 ...

マスター・ミックス

2018/09/19  

何曲かの音源をノン・ストップでつなけ、そのうえに、さらにいろいろなsEやフレーズをかぶせる手法。マスター・ミックスはもともとラジオの世界から生まれたものであり、現在ではレコード会社の企画cDなどでもよ ...

マスター・ボリューム

2018/09/18  

装置全体の音量を決めるボリューム。通常、機器内の信号の流れの最後の方に入っている。ミキサーや複数のレベル・コントロールを持つギター・アンプなどでは、各チャンネル、各増幅段のボリュームで設定された音量バ ...

マスター・テープ

2018/09/17  

アナログ・レコード盤やCD、ミュージック・テープのもとになる音が録音されたテープのこと。

マスター・オシレーター

2018/09/16  

機器やシステム全体の動きのおおもとになる信号を発振する回路/ユニット。アナログ式キーボードでは、全体の音程を決定する発振器を指す。この出力をさまざまな分周比を持つディバイダーで分周し、平均律に近似した ...

マスター

2018/09/15  

音響・映像機器では「親機」の意味。複数の機器を同期運転する際に、タイミングのもとになる機器を指す。マスターにしたがって運転される機器をスレーブという。

Copyright© 音楽用語集 , 2018 All Rights Reserved.