あなたのための音楽用語辞典

音楽用語集

ハ行

バンジョー

更新日:

ブルーグラスやディキシーランド・ジャズでよく使われる撥弦楽器。ボディは、木と金属で作られたリム(枠)にプラスティック製(まれに革製)のヘッドが貼られ、リゾネーターのついているものとついていないものがある。ネックは細長く、弦はブルーグラス・バンショーは5弦、テナー・バンジョーは4弦、ギター・バンジョーは6弦である。奏法は、ギターのスリー・フィンガー・ピッキングに似たスリー・フィンガー・スタイル(スクラッグス・スタイル)やメロディック・スタイル、フレイリング、ダブル・サミング、ストロークなどいろいろある。バンジョーの原型になった楽器は、アフリカの黒人がアメリカにもたらしたもので、それがカントリー・ミュージックやディキシーランドージャズなどのサウンドに合うよう改良され、現在の形になった。チューニングは、5弦バンジョーの場合、 GDGBD (第5→第1。第5は第3の1オクターブ上)で、第5弦のGをコードに関係なくピッキングすることがサウンドの特徴になっている。テナー・バンジョーはGDAEか、 DGBEにチューニングし、ストロークで演奏する。ギター・バンジョーのチューニングはギターと同じである。

-ハ行

Copyright© 音楽用語集 , 2019 All Rights Reserved.